ヘミングウェイ~もし、だったら~

今はないものについて考える時ではない。

今あるもので何ができるか考えるときである。

「もし~ができれば・・・」「もし~だったなら・・・」 No!No!

「私は、今からこうするだ!!」

 

アーネスト・ヘミングウェイ

アーネスト・ヘミングウェイ

誰でも1回は聞いたことのある小説家だと思います。

1899年に、イリノイ州、オークパークで、6人兄弟の長男として生まれます。(現在のシカゴ西部にあたる。)

高校を卒業する後、記者になります。そして、翌年、赤十字の一員として、北イタリア・フォッサルタ戦線に向かい、重傷を負うことになりました。

そのあと、カナダ・トロントのトロント・スター紙のフリー記者をつとめましたが、パリで、ガートルード・スタインらとの出会いを得て、ここで、小説家になることを決心します。

彼は、とても行動派で、スペイン内戦に関わり、その過程で、「誰がために鐘は鳴る」「武器よさらば」などの長編小説をだし、のちに、ハードボイルド文学の原点として、評価されています。

1952年にだした、「老人と海」が評価され、ノーベル文学賞を受賞します。しかし、同年に2度も航空事故にあい、会場に出ることはかなわず、その後、事故による後遺症に悩まされ続け、1961年に、ショットガンでの自殺し、白玉楼中の人となりました。

ヘミングウェイの猫

近親交配でうまれた足が6本(多指症)の猫です。晩年、ヘミングウェイは、幸運を運ぶ猫として、可愛がりました。彼が亡くなったのち、倫理的あるいは政治的な問題はありましたが、今でもヘミングウェイ博物館に直系の子孫50匹が今でも、生きています。

一歩ずつ一歩ずつ

一歩一歩、着実に積み重ねていけば、予想以上の結果が得られるだろう。

by豊臣秀吉

 

一歩ずつ。。。一歩ずつ。。。

自分のものにする。

自分を信じて動かなければいけない。教わるものは遠慮なく教わるがいいが、自分の頭と目だけは自分のものにしておかなければいけない。 by武者小路実篤

「おまえの目は節穴か!」

趣味は?

何に興味あんの?って言ったら、やっぱ、自分に興味ある。

byビート・たけし

 

 

やっぱ、クレイジー

昨日、今日、明日

昨日から学び、今日を懸命に生き、明日への希望を持て。大切なことは問うことをやめないことだ

byアインシュタイン

 

 

 

一日の終わりに目をつぶるとき。今日はどんな一日だったか?と言ってみる。

ああだった、こうだった、次はこうした方がいいんじゃないかな?

さぁ、明日もがんばろうっと。

素顔

皆が喜んでくれる自分を演じるより、一目を気にせず、素顔の自分を表現すれば楽になる。 by美輪明宏

 

 

自分探しをしたいんです!

それ言い出したやつは一体何者だ!?

落ちこまないのよ

俺は絶対落ち込まないのよ。落ち込む人っていうのは、自分のこと過大評価しすぎやねん  by 明石家さんま

 

 

 

バッサリ!

私の人生・僕の人生

キャリアではない。私の人生なんだ。 byスティーブ・ジョブズ

「落ちこぼれ」だと名指しする人、自称する人がいる。彼らがいう「落ちこぼれ」ではない人生なんて、ほかのだれかが歩めばいい。これが私の僕の人生なんだ!!